唯一無二の建築物

"ガラスとスチール、流れるようなライン、巧みなエンジニアリング。唯一無二のユニークなデザインをもつテクノロジー・センターは、世界的なデザイン事務所であるフォスター・アンド・パートナーズによって生み出されました。格調が高く、クリーンな印象を与える美しいディテールをもつ、この最先端の建築物は、そこで働く人々のインスピレーションを生み、イノベーションを高め、協調的な環境を創造します。 "

卓越した環境

「優れた施設は優れた人を惹きつけします。自らを高めたいという欲求を生み出す環境下でのみ、人は成長することができるのです。」

"RON DENNIS― マクラーレン・グループおよびマクラーレン・オートモーティブ エグゼクティブ・チェアマン"

風の中で生まれる

車両の空気抵抗とダウンフォースのバランスを10%高めることで、ラップタイムを最大1秒縮めることができます。幅4メートル、長さ145メートルの最新式の風洞施設はMTCの設計の要であり、最初に建築物に組み込まれました。防音が施された地下施設にあるため、60%スケールのエアロダイナミクス・モデルを存分にテストすることができます。

エンジニアリングのための建築

従来の建築常識ではMTCのガラス・ファサードを実現させるだけの洗練したソリューションは見当たりませんでした。ガラスの重量を支えるスチールの枠が必要となりますが、それでは視覚的な魅力が損なわれてしまいます。マクラーレンのエンジニアたちは、ル・マンで勝利を収めた F1 GTRのリアウィングを支えるストラットをヒントに、高さ12メートルの多孔ウィンドブレードとスリムなステンレス製タイロッドを精密な加工を施し、重量負荷が建物のサブストラクチャに逃げるようにデザインしました。

マクラーレン・レーシング

マクラーレン・テクノロジー・センターは、私たちのFormula 1™レーシング・チーム ―世界で最も成功を収めているFormula 1™ チーム― のホームでもあります。

MTCで設計、製造、テストが実施されるFormula 1™ マシンは、常に進化を続けており、さらなるダウンフォースの向上、軽量化、スピードアップを実現しています。MTCでは目まぐるしいペースで開発が進められ、エンジニアは17分ごとにFormula 1™マシンの新しいパーツを生み出しています。

MTC_Boulevard_Parallax.jpg

ブールバード

少年時代のBruce McLarenがレースに使用した、独創的なエンジニアリングから生み出されたAustin Ulsterから、自動車の歴史に名を残すレベルの最も成功したレーシングカーや優れたロードカーまで、McLarenのエッセンスと成功の歴史を体現するモデルが、ブールバールに並べられ、展示されています。

COOKIE に関する警告

このサイトでは Cookie を使用します。 引き続きサイトを閲覧することにより、弊社の Cookie の使用に同意したものとみなされます。  Cookie に関するポリシー