始まりはここから

Bruce McLarenの描いたM6GTのビジョンこそ、すべてのマクラーレン・ロードカーの起源です。当時の最先端のレース技術に基づくM6GTは、超軽量で官能的な加速感を誇り、自信をもたらす安全なモデルでした。

サーキットで生まれて

グループ7シリーズにおけるM6Aの圧倒的な勝利を受け、マクラーレンでは、さらに人気の高いグループ4 GTシリーズへの参戦を発表しました。ハイスピードでエキサイティングな魅力に溢れるGTシリーズは、Ferrari、Porsche、Alfa Romeoといったビッグネームが勢ぞろいしています。

 

マクラーレンは、既存のM6シャシーと新しいクーペ・ボディを組み合わせることで、さらに耐久レースに適したマシンの誕生を狙いました。しかし残念なことに、FIAはスポーツカー選手権のホモロゲーションを変更し、メーカーのエントリーのためには最低50台以上の生産を条件としました。当時は、この条件をクリアできなかったため、レーシング・プロジェクトは見送られました。

M6GT_Parallax.jpg

ロードカーの製造

Bruceは単にドライバーにとどまらず、 革新的姿勢を保ち続け、デザイナーとして、ビジネスマンとして、自分の能力に挑み続けました。Bruceは究極のスポーツカーを目指し、可能な限り最高のスペックを示し、トップスピードを記録し、最高のアクセラレーションを誇るロードカーの実現を目指しました。Bruceのデザインでは、パフォーマンスとハンドリングはもちろん、安全性もつねに不可欠な特長でした。 /p>

Bruceは、軽量、低重心、大音量、信じられないほどの俊敏性を誇った、車体ナンバーOBH 500Hと刻まれたプロトタイプM6GTを、日常でもレースに関する会議に出席するときにも愛用していました。Bartz社がチューンしたシボレー製エンジンは、眩いパフォーマンスを実現しており、想定最高速度165mph、0-100mphまでわずか8秒で到達します。このプロトタイプには、ポッドの先端に開けられた指用の穴からランプを手動で上下させるという奇抜なアイデアに基づく機能がありました。

年産250台の量産モデルを生み出すというプロジェクトは、Bruceの死によって潰えてしまいました。OBH500Hは、彼のビジョンを示す遺言として今も保管されています。25年後、Bruceのスーパーカーへの夢は、Gordon Murrayの手によって驚くべきアイデアに満ち溢れたMcLaren F1として生まれ変わりました。

BRUCE MCLARENについてのさらなる情報

COOKIE に関する警告

このサイトでは Cookie を使用します。 引き続きサイトを閲覧することにより、弊社の Cookie の使用に同意したものとみなされます。  Cookie に関するポリシー