先人たちの偉業をつなぐ

1993 年に発売された McLaren F1 は、当時のスーパーカーの常識を覆すものでした。  

このスピリッツを受け継ぐ McLaren P1™ は、20 年後に同じことを成し遂げようとしたのです。


McLaren F1が初登場から 20 年が過ぎた今日でも、未だに時代を先行しています。驚愕のスピードと日常生活でも満足のいくドライビングの両立という、今日のあらゆるスーパーカーも到底成し得ないことを実現しました。 McLaren P1™ は、ディテールに至るまでMcLaren F1 の正当な後継者となります。 当時、新聞記者たちがMcLaren F1を語る際には、世界最速の量産モデルであること、時速 240.1 mph を記録したことばかりをこぞって取り上げましたが、最も大きな伝説は技術的イノベーションにありました。 McLaren F1 はカーボン・ファイバー製タブをコアに据えて生産された、世界で最初のロードカーであり、この生産技術はマクラーレンが Formula 1™において発明したもので、このカーボン技術は現在のマクラーレンの全モデルで根幹を成すものです。 McLaren F1では手作業で組まれた V12 エンジンが重要なコンポーネントとして採用され、独自のセンター・ドライバーポジションを実現させています。またデザインチームの理想的な軽量化へのあくなき探求は、熱反射を高めるためエンジンベイに金箔を使用するほどでした。 サーキット専用モデルではないにも関わらず、McLaren F1 は大きな成功を成し遂げたレーシングカーに変容し、1995 年のルマン 24 時間レースで勝利しました。


 


「マクラーレンは1981 年、MP4/1 によってFormula 1™ の世界にカーボン・ファイバー・シャシーをもたらしました。そして私たちは、世界で初めてロードカーに採用しました。 私たちは常にマシンのエアロダイナミクスをリードしてきており、これまでのすべての経験がMcLaren P1™によって結実しています。 20 年前、McLaren F1の登場によってスーパーカーに求められるパフォーマンスのハードルが高まりました。今回、 McLaren P1™ によって、私たちはをもう一度スーパーカーにおけるパフォーマンスを定義しなおしたのです。」

RON DENNIS 

マクラーレン・オートモーティブ エグゼクティブ・チェアマン


 

執念の決断

 

 

1993 年から多くのことが変わりました。現在のマクラーレンが誇る技術は、McLaren F1 の図面を引いた時点では、ほぼ実現不可能な理論でした。一方で、変わらないものもあります。それは執念のアプローチと、不可能などない、という信念です。

 

 

COOKIE に関する警告

このサイトでは Cookie を使用します。 引き続きサイトを閲覧することにより、弊社の Cookie の使用に同意したものとみなされます。  Cookie に関するポリシー