すべてをテストする

McLaren P1™ のように、できる限り多くの境界線を越えようとするマシンをデザインするには、通常とは異なるテストと検証のプロセスが必要になります。


厳格な限定生産モデルにも関わらず、McLaren P1™ では包括的なテストプログラムが実施されました。このプログラムは、オーナーが、どんな状況を走行しようとも、マシンと最新型のパワートレインが、その驚異的なパフォーマンスの真髄を発揮できるようにデザインされています。 プロトタイプを伴ったエンジニアリングチームが世界中を旅して、高温および低温の気候にあっても、マシンが機能することを確認しました。 また、当然ながら、最も過酷な環境として知られるドイツの Nürburgring Nordschleife でもテストを行い、ラップタイムで7分を切るというプロジェクトの目標を満たすことも確認しています。


 

McLaren_P1_NurburgringTest-774-resize1000x669.jpg

「驚いたのは、ロードでは本当に速いスーパー・スポーツカーを運転している感覚だったのに、トラックでは優れたレーシング・スポーツカーの走りが得られたことです。このような感覚は今まで感じたことがありません。」 
 

CHRIS GOODWIN

マクラーレン・オートモーティブ チーフテストドライバー  

 


氷点下テスト:北極圏サークル

McLaren P1™ は、開発サイクルの間に、地上で最も寒い場所での走行テストを実施していました。 -40 ℃の 氷点下での走行テストでは、様々な過酷な試練が待ち構えています。バッテリーパックにとって、氷点下は高温条件よりも悪条件となります。氷結湖の氷で埋め尽くされた路面は、最先端の走行安定性制御システムの能力を試す絶好の場所です。

 


高温テスト: デスバレー

カリフォルニアのデスバレーは、その名の通り、生命を維持できるような場所ではありません。 McLaren P1™ のようなモデルにとって、灼熱の気温(一般に 50 ℃以上)と、乾燥と無風の組み合わせは、エンジンの冷却と熱管理に対する極限のテスト条件ということになります。 McLaren P1™ のパワートレインでは、バッテリーパックがこうした環境下にでも機能し、ブーストを実現できることを確認するという追加の課題がありました。

COOKIE に関する警告

このサイトでは Cookie を使用します。 引き続きサイトを閲覧することにより、弊社の Cookie の使用に同意したものとみなされます。  Cookie に関するポリシー