McLAREN 650S CAN-AM

McLaren 650S Can-Amは1966年にサーキット登場以来、ライバルたちに畏怖の念を起こさせた、伝説のカンナム・レーシングカーを記念したモデルです。MSOが全世界50台限定で生産するこのスペシャル・エディションのスーパーシリーズは、当時の華々しく活躍したカンナムレーサーたちのスピリットを汲み、エクスクルーシブに強化されたモデルとなります。



 

 

A HISTORY OF CAN-AM

レーシングカーのエンジン排気量に上限がなく、車両重量にも下限がなく、ひたすらエアロダイナミクスを追求し…カンナム・シリーズはエンジニアの遊び場で、レーシングドライバーにとって究極のチャレンジが可能な場所で、そしてレースファンたちの夢を実現させる世界でした。

 

Home_Inset002.jpg

レースファンの間で‘カンナム’というネーミングで親しまれた1960年代半ば〜1970年代初頭のカナディアン-アメリカン・チャレンジカップは、あらゆる時代を通じてもっとも壮観なモータースポーツのひとつに挙げられます。

FIAの定めるグループ7規定から生まれたカンナムの規則はいたってシンプルで、わずかにボディサイズと最低限の安全装備の搭載、クローズドホイールや2脚のシートであることが義務付けられているだけでした。車両重量に下限がなく、エンジン排気量にも上限がなく、エアロダイナミクスを突き詰めることこそ勝利への切符であり、エンジニアたちは極限までマシンの開発を続けました。その結果1970年代初頭には、カンナム・シリーズのレーシングカーは重量が800kgにも満たず、最高出力は900bhpを超え、今日のFormula 1™カーにも匹敵する数値を示すようになっていました。

マクラーレンは1966年のカナダ・セントジョヴァイトでの第1回のカンナム・シリーズに初めて出場し、やがてこのシリーズの王者として君臨するようになりました。マクラーレン創設者のブルース・マクラーレンとワークスドライバーのデニス・ハルム、ピーター・レブソンが、1967年から1971年まで5年連続でドライバーズチャンピオンシップを獲得したのです。

一方で大変な悲劇もありました。カンナムはマクラーレン創設者のブルース・マクラーレンの命を代償として支払わせました。1970年6月2日、グッドウッドにおいてチームのニューマシンとなったM8Dレーシングカーのテスト走行中に亡くなったのです。享年わずか32歳でした。最大の悲劇にも関わらず、チームは彼の死を乗り越えて再結束し、その年10戦あったカンナム・シリーズで9回も勝利を収めました。さらに、翌1971年にもチームはチャンピオンシップを獲得。カンナム43勝という記録を残し、5年間にわたる黄金期がクライマックスを迎えました。

詳しいマクラーレンのカンナム・シリーズの歴史についてはこちらをご覧ください。

 

抜群のパフォーマンス、息を呑むデザイン、オープントップドライビングの心地よさ―エクスクルーシブな650S Can-Amは、まさに伝説のマクラーレン・カンナム・レーシングカーに捧げるにふさわしい1台です。

 

New-Car-rear-3_4_car1 3 PARA

DESIGN

カンナム・レーシングカーにインスパイアされたカラーリング、特徴的なカーボン・ファイバー製ボディパーツ、ナッパレザーとアルカンターラのインテリア… 息をのむデザインがMcLaren 650S Can-Amを印象づけます。

DESIGN

CanAm_Wheel-and-Vent-detail_a 3 PARA.jpg

SPECIFICATION

McLaren 650S Can-Amのスリリングさを裏付けるデータ: 0-100km/h加速3.0秒、0-200km/加速8.6秒、最高速度329km/h。

SPECIFICATION

CanAm_Group_3 3 PARA.jpg

ENQUIRE

McLaren 650S Can-Amは限定生産わずか50台です。マクラーレンの歴史を刻んだ1台を手に入れたいお客様は、正規販売代理店までご連絡ください。

FIND A RETAILER

COOKIE に関する警告

このサイトでは Cookie を使用します。 引き続きサイトを閲覧することにより、弊社の Cookie の使用に同意したものとみなされます。  Cookie に関するポリシー