A ROAD CAR BUILT BY A RACING TEAM

マクラーレンが50年間のモータースポーツ活動で成し遂げた技術革新はロードカーへと向かい、McLaren 650S Can-Amという比類なきスーパーカーを生み出しました。

 

 

650S Can-Amではマクラーレンの豊富なレーシング・テクノロジーがドライブする楽しさの創造に充てられました。軽量カーボン・ファイバー・モノセルの中に座ると、完璧なバランスで搭載された背後のV8ツインターボ・エンジンが、きらめくようなドライビング・エクスペリエスを味あわせてくれます。650S Can-Amを手に入れるということは、当時ライバルから恐れられていたマクラーレンのカンナム・レーシングカーの速さを満喫できる、またとない手段なのです。

 

 


 

A CORE OF CARBON FIBRE

軽量で強く、信じられないほど剛性の高いカーボン・ファイバー・モノセルがMcLaren 650S Can-Amのコアとなります。

 

 

 

50年前、ブルース・マクラーレンは重量を最小化して出力を最大化したマクラーレンのレーシングカーを設計しようと懸命に努力しました。今日では素材が変化しましたが、そのフィロソフィーや思いと同様、軽量カーボン・ファイバー・モノセルが650S Can-Amの抜群のパフォーマンスのカギになっています。重量わずか75kgというモノセルが、485PS/tという圧倒的なパワー・ウエイト・レシオや0-100km/hの加速でわずか3.0秒という数値に寄与しています。

ひときわ強く、剛性の高いモノセルは、乗員の衝突からの保護にも抜群の効果を発揮します。つまり、このリトラクタブル・ハードトップのスーパーカーはマクラーレン・スーパーシリーズのクーペモデルと比較しても堅牢性で劣らないのです。スチール製やアルミ製のボディで作っている他社のマシンと比較しても、スパイダーのボディはこれ以上補強材を設けて強度を高める必要がなく、それでいて重量は最低の40kg未満のままです。

頼りになるモノセルの強度は、サスペンションを調整する上での完璧なベースにもなります。つまり、650S Can-Amのレーシングカーのようなコーナリング能力や荒れた路面での追従性も、このモノセルが寄与しているのです。

 

 

 


 

NO ROOF, NO COMPROMISE

リトラクタブル・ハードトップはクーペの優雅さとスパイダーの楽しさを併せもっています。



650S Can-Am_04 3 PARA.jpg

17 seConds 

ユニークなカーボン・ファイバーのルーフを昇降する時間

40KPH (24mph) 

カーボン・ファイバー・ルーフを作動させることが可能な速度

2-pIECE 

シート後部のカーボン・ファイバー製カバーの下に自動で格納できるユニークな2ピースのルーフデザイン

リトラクタブル・ハードトップはクーペの外部との遮断性や安全性と、スパイダーの開放的なスリルのどちらも選ぶことができます。30km/h以下の速度でボタンを一押しすれば、ルーフは17秒以内に昇降します。

ルーフを下ろさずにMcLaren 650S Can-Amの3.8リッターV8ツインターボ・エンジンのサウンドを聞いていたいと思うときは、熱線の入ったリアスクリーンを電動で下ろすことができます 。その結果、ボタンを押すなどドライバーの操作は増えますが、風の巻き込みが大きくなることはありません。

650S Can-Amのリトラクタブル・ハードトップはユニークなカーボン・ファイバー製。軽量素材のため、電動ルーフメカニズムを搭載しているにも関わらず、スパイダーは650Sクーペと比べて40kg程度重くなるだけです。このリトラクタブル・ハードトップはクーペとスパイダー両方のベストな世界を生み出します。

 

 


 

MAXIMUM POWER, MAXIMUM CONTROL

TWIN TURBO ENGINE

M383Tエンジンは650S Can-Amの中心部、ミッドに搭載されています。ツインターボ・チャージ技術と3.8リッターの排気量から、このV8エンジンは650PS&678Nmという圧倒的なパワーを生み出し、0-100km/hの加速をわずか3.0秒でこなします。最高速度は329km/h。このエンジンは驚くほどのパワーを発揮するだけでなく、燃料効率も高く、複合モード燃費は24.2mpg、CO2排出量はわずか275g/kmです。

ROCKER SHIFT GEARBOX

エンジンパワーは7速デュアルクラッチ・ギアボックスを通してリアホイールに伝えられ、オートマチック/セミオートマチック/完全マニュアルのモードを選択することができます。どのモードを選択していても、ドライバーはステアリングホイールに搭載されたロッカーシフトコントロールでギアチェンジを行うことができます。ラップタイムを刻むような超高速運転中でも、市街地をシルクのようになめらかに流しても、シフトは自動的にその運転状況に合ったギアを選択してくれます。

ACTIVE DYNAMICS PANEL

センターコンソール上のすぐ手が届く位置にあるアクティブ・ダイナミクス・パネルは、パワートレインやハンドリングモードを自分の好みに合わせて適応させることができます。Normal/Sport/Trackの3つのモードがあり、Normalは日常のドライブに最適で、ハイパフォーマンスを保ったまま快適さと精緻なハンドリングのバランスを保ちます。Sportでは、McLaren 650S Can-Amがよりスポーティな状態になり、Trackは、妥協なき極限までドライビングに集中できる状態を提供します。

PROACTIVE CHASSIS CONTROL AND BRAKE STEER

プロアクティブ・シャシー・コントロール(PCC)は一切妥協のない究極的なソリューションで、この半世紀の間、常に抜本的にスーパーカーのサスペンション設計を見直してきた成果です。PCCでは、もっとも柔軟で、快適さを最大限に重視した設定から、アジリティが最大限発揮される、もっともパフォーマンスを重視した設定まで選択することができます。その結果、シャシーを路面状態に、サーキットコースに、またはドライバーの気分に合わせてシームレスに適応させることができます。

さらに、ブレーキステアも650S Can-Amの特徴です。競争優位性が高くなりすぎるという理由でFormula 1™ では禁止されたマクラーレンのイノベーションです。ブレーキステアはマシンのトラクションをマネージメントして、コーナリング中のアンダーステアを最小限に抑えたり、ハイスピードでコーナーに侵入したときのオーバーステアを制御します。これは、コーナリング時にインサイドのリアホイールに微妙なブレーキをかけることによって行います。ドライバーにはわからないほどのわずかな制御ですが、このブレーキステアが650S Can-Amのひときわ高いパフォーマンスを引き出すカギになります。

650S CAN-AM SPECIFICATION スペック

パフォーマンス

最高速度 329KPH (204MPH)
0-100KPH (62MPH) 3.0S
0-200KPH (124MPH) 8.6S
0-60MPH (97KPH) 2.9S
0-100MPH (161KPH) 5.8S
0-400M (¼ MILE) 10.6S @ 222KPH (138MPH)
0-1,000M 19.0S @ 279KPH (173MPH)

エンジン

M838T
総排気量 3,799CC
種類 90度角V8
技術 ツインターボ、ドライサンプ
バルブトレイン 32 バルブ、DOHC、VVT
内径 x 行程 93 mm x 69.9 mm
圧縮比 8.7:1
レブリミット 8,500
最高出力 650PS (478KW) 641HP @ 7,250RPM
最大トルク 678NM (500LB FT) @ 6,000RPM

トランスミッション

マクラーレン・7速デュアルクラッチ式シームレス・シフトギアボックス(SSG)、プリコグ機能付き
Gear ratio:
1速 4.0 MPH/1,000RPM 6.0
2速 2.6 MPH/1,000RPM 9.1
3速 1.9 MPH/1,000RPM 12.5
4速 1.5 MPH/1,000RPM 16.2
5 速 1.2 MPH/1,000RPM 20.6
6速 0.9 MPH/1,000RPM 26.4
7速 0.7 MPH/1,000RPM 34.8
ファイナル・ドライブ・レシオ 3.3

ホイールとブレーキ

ホイールサイズ (F/R) 8.5” X 19”/11” X 20”
タイヤ PIRELLI P-ZERO CORSA
タイヤサイズ (F/R) 235/35 R19/305/30 R20
ブレーキ ディスク式カーボン・セラミック・ブレーキ
ブレーキサイズ (F/R) 394X36MM/380X34MM
ブレーキキャリパー (F/R)6 ピストン /4 ピストン

ブレーキング

200-0KPH (124-0MPH) 124M (407FT)
100-0KPH (62-0MPH) 30.7M (101FT)

サスペンション

マクラーレン・プロアクティブ・シャシー・コントロール 独立懸架ダブル・ウィッシュボーン・サスペンション
ダンピング&ロールモード NORMAL, SPORT & TRACK

効率性*

CO2 排出量 275G/KM
燃料消費(統合サイクル) 11.7L/100KM (24.2MPG)
パワー・ウェイト・レシオ 485PS/TONNE (478HP/TONNE)
1馬力当たりCO2排出量 0.42G/KM

車両ダイナミクス

ブレーキステア付オープン・デファレンシャル
パワートレイン・モード WINTER, NORMAL, SPORT & TRACK
ドライバー支援 ABS、トラクションコントロール、ESC、ローンチコントロール、ブレーキステア

容量

燃料タンク 72 リットル
エンジンオイル 8.0 リットル
クーラント 26 リットル
ウォッシャーフルード 4 リットル

重量

DIN 重量 1,468KG (3,236LB)
乾燥重量 1,370 kg(3,020 lb)
乾燥重量* 1,341KG (2,956LB)
重量配分 (F/R) 42%/58%

ステアリング

パワーステアリング 電動油圧式バリアブルレシオ
ターン ステアリング・ロックトゥロック 2.66回転
最小回転半径 12.3M

COOKIE に関する警告

このサイトでは Cookie を使用します。 引き続きサイトを閲覧することにより、弊社の Cookie の使用に同意したものとみなされます。  Cookie に関するポリシー