イノベーティブ・テクノロジー、妥協なきパフォーマンス。

McLaren 650S は世界で最も多機能なスーパーカーです。RHT(Retractable Hard Top)を備えた650S Spider は、650S の驚異的なダイナミクスを実現しつつ、ドライブの楽しみにまったく新しい喜びを持ち込んだ、さらに一歩進んだモデルです。

数値が示すパフォーマンス

数値が示すパフォーマンス

UNCOMPROMISING DESIGN

重量

McLaren 650S Spider のルーフを下げる時間はわずか 17 秒。また軽量へのマクラーレン の執念のエンジニアをしても、目標重量の 50 kg を下回る 40 kg という軽量化を達成するには 6 か月間という期間が必要でした。 この数値を達成したことによって、ルーフの開閉・収納に必要なメカニズムが650S Spider の重心に与える影響は非常に小さくなり、650S Coupe 同様にコーナーを切り裂くドライビングを実感できるようになりました。

空気抵抗

McLaren 650S Spider は、204 mph という驚異的な最高速を誇ります。これは650S Coupe よりもわずか 3 mph 低いだけです。 さらに驚くべきことに、650S Spider はルーフを下ろしたときの抵抗増加をわずか 3 % に抑えています。マクラーレンの執念のエンジニアがこれを実現したのです。

スピード

天候の変化は予測できません。だからといって、日光を楽しむため、または車内が雨にぬれないようにするために、毎回停車したいと思う人はいないでしょう。 McLaren 650S Spider のルーフは、ボタンを押すだけで、17 秒以内に昇降できます。また、これは 最高 30 km/h(19 mph)までの走行中に操作できます。 これで、問題は解決です。

デザイン

エンジンはスーパーカーの心臓部であり、魂でもあります。しかし、RHT(Retractable Hard Top)を装備するとエンジンが見えなくなることがよくあります。 McLaren 650S Spider のトノカバーは、この問題をクリアするデザインとなっています。 ルーフが開いていても閉じていても、車へと歩み寄るたびに、V8 ツインターボ・エンジンを視界に入れることができます。 ルーフを上げると、52 リットルのラゲッジスペースが追加されるため、汎用性がさらに高まります。

エアロダイナミクス

アクティブ・エアロダイナミクス

ゴージャスなエクステリアが注目されがちですが、McLaren 650S Spiderの息を呑むようなボディラインが生み出すのカーブには、何百時間もの高度な計算による流体力学の検討、何週間にもわたる風洞実験、そして完璧さへのこだわりが必要でした。こうした結果から得られた美しいボディが、たまたまラップタイムを縮めるために適していたのです。

McLaren 650S Spiderのすべての曲線、すべてのライン、すべてのインテークが 1 ミリ単位で磨きぬかれ、エアロダイナミックパフォーマンスの改善に寄与しています。

splitter_spider.jpg

スプリッター

低く下げられたフロントがボディの下の空気の流れを加速し、トラクションとコーナリングパフォーマンスを最大化するダウンフォースを生みます。これにより、安心して限界に挑むことができます。

diffuser_spider.jpg

ディフューザー

McLaren 650S のドライビングが激しくなるほど、ボディがオンロードと一体感を生み出します。 その理由のひとつとして、Formula 1™にアイデアを得たフラット・ボトムとリア・ディフューザーが大きなダウンフォースをもたらすことにあります。

sidevents_spider.jpg

サイドベント

熱はパフォーマンスの敵であり、ドライビングが激しくなるほど、ボディが熱を帯びます。 サイドインテークが空気を冷却ラジエーターに送り込み、熱を最小限に抑えることで最大のパフォーマンスを発揮します。

airbrake_spider.jpg

エアブレーキ

カーボン・セラミック・ブレーキを強烈に踏むと、エアブレーキが展開してより強力な停車性能が得られます。 エアブレーキを部分的に展開させると、リアウィングのように機能してリアダウンフォースを 20 % 増やすことができます。DRS(Drag Reduction System) はダウンフォースを下げ、直線道路でのパフォーマンスを最大化します。

カーボン・モノセル

カーボン・ファイバー・モノセル

McLaren 650S Spider のオンロードとの一体感を感じるドライビングには、コア部分のカーボン・ファイバー・モノセルが大きく貢献しています。 強固で軽量かつ安全で、ニュルのフルークプラッツにアクセル全開で飛び込んでもよじれないほどです。 このコアの部分が 650S Spiderの素晴らしいドライビングをもたらします。

マクラーレンは、Formura 1™ とロードカーにいち早くカーボン・ファイバーを採用しました。 その後、30 年以上にわたって、すべてのモデルのコア部品にカーボン・ファイバーを使用してきました。

McLaren F1 の各カーボン・ファイバー・シャシーの製作には 4,000 時間が費やされました。 20 年にわたるイノベーションの結果、カーボン・ファイバー・モノセルの製造時間は 4 時間まで短縮され、McLaren 650S Spiderの卓越した感触を支えています。

妥協のないパフォーマンス

McLaren 650S Spider をドライビングする楽しさが650S Coupeに引けをとらない理由は何でしょうか? それはマクラーレンのカーボン・ファイバー・モノセル構造です。 ルーフを開けても650S Spider は変わらぬ剛性と強固さを保ちます。

ねじれ剛性

McLaren 650S Coupe と650S Spider は、同一のカーボン・モノセルを使って製造されます。 つまり、まったく同じねじれ剛性、構造的完全性、パフォーマンス特性を発揮します。 つまり、650S Spider のオーナーはオープントップ型スポーツカーのすべての利点に加えて、650S Coupeのあらゆる機敏さも享受できるのです。

重量

重量わずか 75 kg のモノセルは、スチールフレームまたはアルミフレームよりも、軽量かつ強靭で安全性が高いため、McLaren 650S Spiderはエキサイティングなドライビングを楽しむための最適なベースになります。

パフォーマンス

軽量なカーボン・ファイバー・モノセルにより、McLaren 650S Spider はレースによって培われたスーパーカーのハンドリングをもたらします。 さらに、時間が経過してもドライブフィールが変わりません。カーボン・ファイバーは金属のように劣化しないので、650S Spider は数十年後も同じように俊敏で安全な状態を保ちます。

安全性

Formura 1™ で培った技術から生まれたカーボン・ファイバーの完全な強度は、ドライバーと同乗者に比類ない安全性を提供します。

Parallax_WheelDetail.jpg
ブレーキステア

ブレーキステア

track.jpg

チャンピオンシップで勝利した MP4-13 Formula 1™ マシンのイノベーティブなブレーキステア・システムはレースでは禁止されてしまいましたが、このシステムはMcLaren 650S Spiderに搭載され、オンロードまたはトラックで使用することができます。

ブレーキステアはリアブレーキを使用してトラクションを絶妙に調整し、コーナー中央のアンダーステアを最小限に抑え、スピードを上げてコーナーに入るときのオーバーステアを制御します。これにより、3.8 リッターツインターボ V8 エンジンの完全なパフォーマンスを、最大の安全性と息を呑むような効果を解き放つことができます。

このシステムはスピードとステアリングアングルを計算し、完璧なコーナリングの軌道を描きます。 その後、コーナリングに必要な制動力を正確にリアの内側ホイールに伝え、理想的な経路で効果的に旋回することができます。

プロアクティブ・シャシー・コントロール

プロアクティブ・シャシー・コントロール

プロアクティブ・シャシー・コントロール(PCC)は、市街地でのしなやかなサスペンションから、究極の高揚感を得るためのレーストラックでのロールのないコーナリングまで、どちらの用途にも最高の成果をお届けします。 PCC (Proactive Chassis Control)は、この 50 年でスポーツカーのサスペンション・デザインを最も先進的に捉え直したものです。ダイナミックなハンドリングと快適な乗心地という相反する目標に対処し、双方に新しい基準を定義しています。

エンジン

COOKIE に関する警告

このサイトでは Cookie を使用します。 引き続きサイトを閲覧することにより、弊社の Cookie の使用に同意したものとみなされます。  Cookie に関するポリシー