一人ひとりのために作る

すべてのサーフェイスとコントロールが最適にデザインされている McLaren 650S Spider では、ドライビング性能を最大限に発揮することができます。 限定のカーボン・ブラック・アルカンターラ・インテリアは、ドライビングの楽しみを最大にまで広げ、比類なき快適性も提供します。

インテリアを詳しく見る

インテリアを詳しく見る

650S_PerfectPosition.jpg

レースで培われたステアリング・ホイール

手触りの良い小型のステアリング・ホイールを握ると、指先から McLaren 650S との一体感が得られます。その感覚は マクラーレンのFormula 1™マシンのコックピットでレーシングドライバーが感じているものと同じです。形状、グリップ、感触はすべてレーシングカーのステアリング・ホイールにヒントを得ています。 人とマシンの純粋な対話を損なうようなボタンやスイッチは排除されています。

650S_F1InspiredShift.jpg

Formula 1™にインスパイアされたギアシフト

McLaren 650S Spider は、瞬時にギアシフトし、他に類を見ない効率を生む 7 速デュアルクラッチシームレス・ギアボックスを搭載しています。 これらのギアシフトは、Formula 1™ からアイデアを得た、ステアリング・ホイールに取り付けられているロッカー・シフト・パドルを介して制御できます。 つまり、オールージュを全速力で疾走していようと、モナコのグランドホテルのヘアピンカーブを駆け抜けていようと、いつでも指先だけでギアシフトができるということです。 ロッカーシフトを何度か引くと、新しい機能によってシフトのスタックが可能になり、希望のギア変更を伝えます。 または、「AUTO」を選択してマシンに委ねることもできます。

650SSpider_ActiveDynamicsPanel.jpg

アクティブダイナミクスパネル(ADP)

サスペンションを通じたオンロードとの一体感、操作に対するギアシフトの反応、さらには 3.8 リッターV8 ツインターボ・エンジン の重量まで… ADP (Active Dynamic Panel)のNormal / Sport / Trackモードにより、McLaren 650S Spider を理想的なドライビングに合わせてカスタマイズできます。 あるときには洗練されたドライビングを楽しみ、次の瞬間にはトラックに繰り出してスリルを求めることができます。

650SSpider_PanoramicView-resize970x545.jpg

パノラマ・ビュー

McLaren 650S Spider のスタイリングは息を呑む美しさであるばかりか、そのエクステリアとインテリアにも、視界を外さない工夫が詰まっています。 ダッシュボードはシンプルかつ論理的に配置され、ステアリング・ホイールはすっきりと整えられています。 パワフルな V8 エンジンによって得られるもう一つの利点であるローカウルによって、遮るものなくオンロードを確認することができます。アーチの上部はフロントホイールの真上に位置し、ドライバーズシートからはっきりと見ることができます。 これは、Nürburgring でコーナーを切っているときでも、車庫入れをしているときでも、650S の車両の位置を完璧に制御できることを意味します。

650SSpider_Symmetrical_Design.jpg

シンメトリーなデザイン

強力なV8ツインターボ・エンジンを活用するには、McLaren 650S Spider のキャビン内のすべてのコントロールスイッチを容易に見つけられることが不可欠です。 そのため、すべてのボタンとスイッチをその使用頻度に合わせてグループ化し、オンロードから視線を移す時間を最小限に、そして視界を移動する必要がないほど直感的に操作できるようにしました。 走りをカスタマイズするスイッチはセンターコンソールに論理的にグループ化しています。クライメート・コントロール・ゾーン向けのスイッチはドアパネルに置かれ、エレガントなシンメトリーを生み出しています。

ディテールにこだわる

マクラーレンの真髄

650SSpider_Trio01_RetractableGlass.jpg

リトラクタブル・ガラス

McLaren 650S Spider のルーフを上げた状態でリアガラスを下げると、V8ツインターボ・エンジンの大きなインパクトある卓越したエンジンサウンドがキャビンに満ちます。運転席でも助手席でも、余分な風によるバフェティングを受けることはありません。 ルーフを開けばドライビングは完全にあなたのものです。スクリーンは自動的にエアロダイナミックに最適なポジションを採用し、風によるバフェティングを最小限に抑えます。

650SSpider_Trio02_SmarterSystems.jpg

よりスマートなシステム

ルーフを下ろしていると、クライメート・システムとオーディオ・システムが補正されます。 クライメート・コントロールの風向きを変え、風量を変更して目的の温度に維持します。 ビスポークの Meridian オーディオ・システムも個々のスピーカーに合わせて音量とトーンを調整し、切れ目のないオーディオ体験を約束します。

650SSpider_Trio03_MSO.jpg

ビスポーク・インテリア

ご希望に合わせて車をカスタマイズすることもできます。 スペシャルなカラー、ファブリックまたはトリムをご希望の場合、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)が、マクラーレンの比類なきクラフトマンシップを駆使し、お客様のご要望にぴったり沿ったカラーリングやスタイルをご提案します。

インテリジェンスの統合

インテリジェンスの統合

インテリジェンスの統合

McLaren 650S Spider はスーパーカーレベルのパフォーマンスをもたらしますが、ラグジュアリーさや利便性の面で妥協することはありません。650S Spider には、メディア、通信、エンターテイメントシステムが標準装備され、北米市場では SIRIUS、欧州では DAB も搭載されています。

アクティブ・ダイナミクス・パネル(ADP)

あるときには洗練された走りを楽しみ、次の瞬間には厳格なレーサーとして、McLaren 650S Spider の ADP(Active Dynamics Panel) は路面状態や気分に合わせて乗心地とレスポンスを調整できます。 Normal / Sport / Trackの各モードにより、ハンドリングとパフォーマンスの特徴を個々に構成することができます。 これらのモードは、650S Spider のパフォーマンス重視の特徴を補完するように調整されています。 ホイールを握れば650S Spider のしっかりとしたダンピングと優れたボティコントロールを感じることができますが、ADP(Active Dynamics Panel) は、マクラーレンに期待されるクラストップレベルの乗心地を 650S Spider が維持することもお約束します。

Normalモード: 日常的な運転に最適な設定です。 乗心地とパワートレインが快適さと洗練性に最適化され、キャビンへのノイズを低減して燃費を高めます。

Sportモード: 公道上で McLaren 650S Spider の驚異的なパフォーマンスを楽しむには最適なモードです。 すぐにエンジンとギアボックスの抜群のレスポンスが感じられ、シャシーの安定性が高まるため、やみつきになるハンドリングとパフォーマンスを最大限に引き出すことができます。 安全を維持するため、エレクトロニック・スタビリティコントロールは作動し続けます。

Trackモード: このモードは、日常の快適さを手放し、McLaren 650S Spiderをサーキットに最適なレーシングカーのサラブレッドに変貌させます。ギアを変更すると、デュアルクラッチ・ギアボックスの素早い変速を直接感じることができ、急加速すると 3.8 リッター V8 ツインターボ・エンジンのフィルタリングされないエンジンサウンドがキャビンに響き渡ります。サスペンションはボディのロールに抗い、気がつけば最終コーナーに向けてスロットルを戻す必要がなくなっているかもしれません。 Trackモードでは、究極の走行にチャレンジするため、エレクトロニック・スタビリティ・コントロールをオフにすることもできます。

COOKIE に関する警告

このサイトでは Cookie を使用します。 引き続きサイトを閲覧することにより、弊社の Cookie の使用に同意したものとみなされます。  Cookie に関するポリシー