スリルを感じるためのデザイン

McLaren 675LTの驚異的なパフォーマンスを表現する、新しい印象的なエクステリアとインテリアのデザイン

 

675LTのエクステリア・デザインは、そのインパクトあるデザインで、見る者をあっと言わせるだけでなく、ドライバーを圧倒する、そのパフォーマンスも示しています。レースカーにインスピレーションを得たフロント・スプリッターは80%拡大され、リアの特徴的な‘ロングテール’エアブレーキのアスペクト比も50%近く増加されています。こうした改良は、すでに効率性の高さで定評のある650Sに比べ、ダウンフォースが40%向上されたという驚異的な性能の実現に貢献しています。新型バンパー、デザインが一新されたリアフェンダーとリアデッキなど、このクラスでは前例のないレベルで、カーボン・ファイバーをボディワークに採用。これにより車両全体で実質100kgの軽量化が実現されています。乾燥重量1230kgの675LTは、すべてのライバルを凌ぐクラス最軽量のマシンであり、パワー・ウェイト・レシオは驚愕の549PS/トンを実現します。

もちろんキャビンにおいても、パフォーマンスを重視し、重量の最適化されたデザインが採用されています。カーペットは取り除かれ、675LTの心臓部というべきカーボン・ファイバー製モノセルがその姿をみせています。快適でありながら明確な目的をもつレーシングシートによって15kgの軽量化に成功。McLaren P1™からインスピレーションを得たシフトギア・コントロールは、675LTの揺るぎないパフォーマンスを明確に示しています。

究極のフォルム、究極の機能

Shot02_675LT_Front1000x750.jpg

100KG

最適化された675LTの車両重量は1230kg。650Sより100kgも軽量です

 

+ 40%

エアロダイナミクスの最適化により、マクラーレン・スーパーシリーズのダウンフォースは新しいレベルがもたらされました

 

1MM

ディテールへの強いこだわりが、これまで以上に薄いガラスを生み出し、3kg以上の軽量化に成功しました

マクラーレンに、一切の無駄はありません。675LTの魅力的なデザインは、最も高度なエンジニアリングの要件を満たし、ドラッグを最低限に抑え、ダウンフォースを最適化し、可能な限り冷却を常に強化します。静止状態でも信じ難いほどエキサイティングな675LTは、こうしたアプローチが報われ実現された副産物です。

 

ロードカーに吹き込まれたモータースポーツの技術

サーキットでもオンロードでも衝撃的なドライビングを提供する、レース由来のイノベーション

カーボン・ファイバー製バンパーとスプリッター

カーボン・ファイバー製バンパーとスプリッター

すべてが新開発となる軽量のカーボン・ファイバー製バンパーには、650Sよりも表面積が80%広いカーボン・ファイバー製スプリッターが組み込まれており、Formula 1™にインスプレーションを得たエンドプレートに支えられたスプリッター上には高圧エリアが発生します。フロントの車高が低く設計されていることと相まって、スプリッターの下には低圧が生じます。この結果、ダウンフォースが40%向上し、675LTのボディが路面にしっかり押し付けられるため、さらに高速コーナリングが実現されます。

カーボン・ファイバー製リアデッキとチタン製エキゾースト

カーボン・ファイバー製リアデッキとチタン製エキゾースト

パワフルなM838TLエンジンには、これまでより多くの冷気が必要となります。アグレッシブな新しいカーボン・ファイバー製リアデッキには2つのエア・アウトレットが備わり、確実に熱気を排出します。このリアデッキは、新デザインの採用されたチタン製エキゾーストを補完する役割も担っています。印象的な2本の円形状エキゾースト・パイプは、675LT独自の特徴的なデザインのひとつです。また、エキゾーストは1kg以上の軽量化に貢献しています。また、エキゾーストに搭載された専用のクロスオーバー・マフラーは、パフォーマンスを最大化するとともに、675LTの痺れるような大迫力の排気音をお楽しみいただけます。

最適化されたエアブレーキとディフューザー

最適化されたエアブレーキとディフューザー

ダウンフォースを最適化するため、アクティブ ‘ロングテール’エアブレーキのサイズは50%拡大されていますが、カーボン・ファイバー構造を採用していることから、軽量化を実現しています。格納時には、新デザインのカーボン・ファイバー製リアデッキにさりげなく溶け込んでいますが、走行中には自動でエアロダイナミクスの安定性を向上させます。また、急制動時には、カーボン・セラミック製ブレーキディスクによる制動をサポートし、ピッチ軽減のためエアブレーキが跳ね上がり、さらにアグレッシブにエアロダイナミクスの安定性を向上させます。さらに、これまで以上にアグレッシブなカーボン・ファイバー製リアディフューザーにより、驚異的なレベルのダウンフォースが供給されます。

高められたダウンフォースと冷却システム

高められたダウンフォースと冷却システム

マクラーレンが独自に開発し、生まれ変わったM838TLエンジンは、最高出力675PS(666bhp)、最大トルク700Nm(516lb ft)を発揮します。そのため必然的により多くの冷気を循環させることが必要となります。そのためカーボン・ファイバー製サイドインテークは650Sよりも大きく拡張しています。また、より多くのエアを取り込みつつ、新しいフロントスプリッター、リアデッキ、‘ロングテール’ エアブレーキ、ディフューザーによって発生するダウンフォースを最適化するために、カーボン・ファイバー製サイドスカートには、エアインテークが追加されています。

_U6A0247MCLAREN-resize2000x1333.jpg

自在にコントロール

675LTのドライビングのスリルを演出する、ドライバーにフォーカスしたインテリア

アルカンターラ・インテリア

アルカンターラ・インテリア

長年にわたり、妥協を許さないモータースポーツの不屈の精神と結び付けられてきた軽量を誇るアルカンターラのインテリアを標準装備。レーシングシート、ダッシュボード、ステアリングホイールなど、キャビン全体に高い耐久性とグリップ力、抜群の触り心地を誇るアルカンターラが採用されています。さらにハイテク満載なインテリアと理想的なコントラストを織り成すカーボン・ファイバー製トリムは、軽量化に貢献しつつ、見る者に与えるインパクトを最大限に高めるためサテン・ラッカーフィニッシュを施されています。

抜群の感触を提供するコントロール

抜群の感触を提供するコントロール

高いグリップ力と抜群の触り心地を提供するアルカンターラ仕上げの3スポーク・ステアリング・ホイールが、マシンとドライバーの間に究極の連帯感を生み出します。細長い形状のカーボン・ファイバー製パドルシフトレバーにはサテン・ラッカーフィッシュが施され、ステアリング・ホイールに装着されています。また、サーキットで繰り広げられる熾烈な争いの最中でも、ギアチェンジが簡単に行えるようデザインされています。そして特別仕様の最後のピースとなるのが、中央のレブ・カウンターに、レーザーエッチングされた675LTのロゴで、これによって限定モデルは完璧な1台に仕上がります。

カーボン・ファイバー製レーシングシート

カーボン・ファイバー製レーシングシート

センセーショナルな最高出力675PS(666bhp)、さらにシャープなハンドリングを実現するために強化されたサスペンションとエアロダイナミクス。675LTのもつパフォーマンスを最大限に発揮するには、ドライバーを強力にホールドするシートが必要不可欠です。これを実現する究極のソリューションこそが、アイコニックなMcLaren P1™から譲り受けたレーシングシートです。カーボン・ファイバー構造を採用し、主にアルカンターラで仕上げられ、ディテールの施されたレザーがしつらえられたレーシングシートは、15kgもの軽量化に成功。このようにボディ全体では100kgの軽量化を実現しています。

こだわりぬいたインテリア

こだわりぬいたインテリア

675LTの開発エンジニアは、軽量化を実現しながらドライバーとのエンゲージメントの強化を追及するなかで、あらゆる可能性を試しました。例えば11.5kg重量を軽減するためエアコンディショニング・システムさえ取り外されています。ただしエアコンディショニング・システムはご要望に応じて無料で装着可能です。これ以外にも、これまでアームレストに搭載されていたクライメート・コントロールのスイッチをすべてなくし、複雑な機構と重量の両方を軽減しています。これらのコントロールは中央のタッチスクリーン経由で行えるようになっています。

Previous Next

エクスクルーシブな5種類のニューカラー

675LT専用にビスポークされた5種類のカラープログラムをご用意しています。他にはない個性的なエクステリアをお楽しみいただけます。

1. シリカ・ホワイト

675LTとともに登場したシリカ・ホワイト― レッドのブレーキキャリパー、アルカンターラ・フィニッシュで仕上げられたインテリアにはハリッサ・レッドのエンボス加工が施されたレザーのディテールとハリッサ・レッドのコントラスト・ステッチによって、人目を引く魅力的なボディカラーが見事に補完されています。

 

Configure

2. シケイン・グレー

675LTのためにビスポークされたシケイン・グレーー さりげなく、かつ魅力的なエクステリアを実現する、コントラストの効いたマクラーレン・オレンジにカラーリングされたブレーキキャリパーを装備。洗練されたインテリアは、マクラーレン・オレンジのコントラスト・ステッチとエンボス・レザーによるものです。

 

Configure

3. ネーピア・グリーン

675LT限定のネーピア・グリーン― ブレーキキャリパーにもボディ同色のネーピア・グリーンを使用してインパクトを最大化。エンボス加工のディテールがしつらえられたカーボン・ブラックのアルカンターラ・フィニッシュのインテリアには、ネーピア・グリーンのコントラスト・ステッチも用いられています。

 

Configure

4. デルタ・レッド

675LTのみに与えられるデルタ・レッド― ブレーキキャリパーにはポリッシュが施されたユニークで特徴的なカラーリングが与えられています。アーモンド・ホワイトのインテリアには、コントラスト・ステッチとエンボス・レザーのディテールが際立っています。

 

Configure

5. マクラーレン・オレンジ

ブルース・マクラーレンにとって初めてのレーシングカーにインスピレーションを得たクラシックカラー、マクラーレン・オレンジ― 磨き上げられたブレーキキャリパーにもボディと同色が使用されています。ストーン・グレーのコントラスト・ステッチとエンボス・レザーを施されたインテリアが個性的なスタイルを完璧に仕上げます。

 

Configure

COOKIE に関する警告

このサイトでは Cookie を使用します。 引き続きサイトを閲覧することにより、弊社の Cookie の使用に同意したものとみなされます。  Cookie に関するポリシー