McLaren 600LT. 妥協せずこだわり抜く

 

McLaren 600LTを操るドライバーは極限を超えて自分のポテンシャルの追求を目指すでしょう。だからこそマクラーレンも限界を超えることを目指しました。何を排除できるのか?絶対的な最小限とは何か?マクラーレンのカーボンファイバー製シャーシと軽量アルミニウム製ボディワークがすでに提供しているメリットを上回るために何ができるのか?自問自答を繰り返しました。

McLaren F1 GTR「ロングテール」とMcLaren 675LTからインスピレーションを受け、600LTの開発チームは、96kgという驚愕の軽量化に成功しました。さらに、MSOクラブスポーツ・パックを選択すれば、さらなる重量軽減が可能です。

チームの飽くなき努力がLTの名にふさわしいパフォーマンスの真価を解き放ったのです。

 

 

鍵はカーボンファイバー

600LTの中核を担うのは、軽量カーボンファイバー製シャーシです。これは1981年以降に生産されたマクラーレンのすべてのマシンに共通する特徴です。マクラーレンは、スポーツカーのセグメントでこの構造テクノロジーを提供している唯一のメーカーです。圧倒的強度を誇る独自のモノセルII「タブ」の構造的剛性は、ハンドリング、アジリティ、そして乗り心地を向上します。

600LTの特殊なエアロダイナミックボディワークには、同じ軽く、強堅で頑丈な複合材料が使用されています。アグレッシブなフロントスプリッター、改良されたサイドシル、長さが追加されたサイドインテークすべてがカーボンファイバー製となっています。同様に、固定式リアウイング、長く伸びたリアバンパー、深い奥行きを持たせたディフューザーもカーボンファイバーで作られています。軽量化できるパーツはすべて軽量化されています。

 

サーキット重視のインテリア

McLaren 600LTに至る所で大幅な軽量化が図られたことを確認できます。例えば、カーボンファイバー製レーシングシート。McLaren P1™で初めて導入され、後にMcLaren 675LTに採用されたレーシングシートの総重量は今回21kgも軽量化されています。さらに重量を軽減するため、600LTのキャビン全体にわたって軽量Alcantara®仕上げが採用されています。

また、フットウェルやシートの下にカーペットは敷かれていません。エアコンもオーディオもナビゲーションシステムも装備されていません(もちろんこれらはお客様のご要望に応じて無料で追加装備できるオプションです)。フロントガラスやリアバルクヘッドスクリーンの厚さも薄くなっており、エンジニアリングチームの科学捜査顔負けの徹底した細部へのこだわりがガラスにさえも反映されていることがわかります。

 

さらに軽くなったホイールとタイヤ

新しい超軽量ホイールは、これまでスポーツ・シリーズに装備された最軽量のタイヤです。McLaren 600LT専用の特注鍛造アルミニウム合金製タイヤには、重量を軽減しつつ圧倒的パワーを発揮する10本スポーク設計が採用されています。テクニカルパートナーPirelliと共同開発した特注のP Zero Trofeo Rタイヤは、総重量で17kgの軽量化を達成しています。

さらにばね下重量の軽減は、ダイナミックな性能に大きなメリットをもたらしています。軽量アルミニウム製キャリパーと屈強なカーボンセラミック製ディスクが装備されたMcLaren 720Sと同じ最新世代のブレーキシステムを採用することで、さらに4kgの重量軽減が実現されています。

 

MSOのオプションで極限に挑戦

可能な限り最軽量のMcLaren 600LTを実現するため、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズは、カーボンファイバー製ルーフ、カーボンファイバー製キャントレール、カーボンファイバー製フロントフェンダールーバー、チタン製ホイールボルト装備のMSOクラブスポーツ・パックをご用意しています。

アルティメット・シリーズのテクノロジーを600LTに導入するため、MSOクラブスポーツ・パックにはMcLaren Sennaに採用された超軽量カーボンファイバー製レーシングシートも装備されています。革新的なダブルスキンシェルテクノロジーにより、従来のカーボンファイバーを使用して製造される同じシートシェルよりも33%重量が軽減されています。MSOクラブスポーツ・パック仕様にすることで、合計9.3kgの重量を軽減できます。

COOKIE に関する警告

このサイトでは Cookie を使用します。 引き続きサイトを閲覧することにより、弊社の Cookie の使用に同意したものとみなされます。  Cookie に関するポリシー