McLaren 600LT. サーキット重視の公道を走れるマシン

 

McLaren LTの本質はそのシルエットだけではありません。軽量でありながらパワフルなパフォーマンスだけではありません。

McLaren 600LTの本質は、ドライバーを極限に追い込み、想像できる最高水準のドライビング体験を提供し、ドライバーを夢中にさせることです。ドライバーのエンゲージメントを高めるためのマシンです。前例のないフィードバックを実現するためのマシンです。極限まで、そして極限を超えて自分とマシンのポテンシャルを追求したいと願うドライバーのためのマシンです。

600LTを実際に運転すれば、この感覚をご理解いただけるでしょう。

 

 

ドライビングを楽しむためのスポーツカー

McLaren 600LTに核となっているのは「揺るぎないドライバーとの一体感」を実現するという信念です。この信念はMcLaren 675LTから継承されたものです。そして、この2つのLTモデルのインスピレーションとなっているのが、伝説のレースカーMcLaren F1 GTR「ロングテール」です。

McLaren 675LTがMcLaren P1™からサスペンションを受け継いだように、600LTは前身モデルであるMcLaren 720Sから軽量鍛造アルミニウム製のダブルウィシュボーン式サスペンションを受け継いでいます。このサスペンションは10mm幅が広くなったフロントトラック、8mm短縮された車高、強化されたばね定数、厚くなったアンチロールバーと連携して機能します。このため600LTはスポーツ・シリーズの証であるアジリティとスピーディーな走りを忠実に守りつつ、サーキット重視の強化された機能を装備することで、LTならではのありのままのスリルとマシンとのダイレクトな一体感を一切妥協せずに提供します。

 

高性能の出力600PSのパワートレイン

McLaren 600LTは、マクラーレン史上最もパワフルなスポーツ・シリーズで、その3.8LツインターボV8エンジンは出力600PS、トルク620Nmを実現します。エンジンには、オイルの偏りを防止し安定したオイル供給を維持したまま高速コーナリングを可能にするドライサンプ潤滑方式が採用されています。

また、レースからインスピレーションを得たフラットプレーンクランクシャフトにより、最も低い位置にV8を積むことが可能となり、アジリティとハンドリングが向上されています。大きくなったサイドエアインテークと、McLaren Sennaよりも短くパワフルなエキゾーストシステムからの背圧軽減により、パワートレインの空気の流れが改善されています。結果として、ドライバーのあらゆるインプットに瞬時に反応できる圧巻のエンジンに仕上がっています。

 

マクラーレンが誇るレースカーのテクノロジー

ミッドシップエンジンからリアホイールにパワーを送り込むのは、7速デュアルクラッチ式シームレスシフトギアボックスです。McLaren 600LTのスポーツモードには、Formula 1から継承され、McLaren 675LT向けに開発されたテクノロジー「イグニッションカット」が採用されています。

シフトチェンジの間スパークを一時的にカットするこのテクノロジーは、瞬時のシフトチェンジを可能にします。さらにMcLaren 675LTで初めて実現された、シフトアップとシフトダウン時に奏でられるドラマチックなサウンドもお楽しみいただけます。トラックモードでは、独自の「イナーシャプッシュ」テクノロジーを作動させ、最適なシフトチェンジを実現します。600LT専用のローンチコントロール機能は、直線で時速0km(0マイル)から100km(62マイル)までわずか2.9秒という驚愕の加速性能を発揮します。

 

レース専用に開発された特注タイヤ

McLaren 600LTの強化されたダイナミックな性能に欠かせなかったステップが、特注の高性能タイヤの開発でした。テクニカルパートナーPirelliと共同開発したサーキット走行重視のP Zero Trofeo Rは今回初めてスポーツ・シリーズに装備されました。このタイヤは改良されたグリップ性能を提供し、さらに高速なコーナリング速度を可能にします。

特注のPirelliタイヤのポテンシャルを最大限に発揮させるため、当社のエンジニアは、油圧パワーステアリングを調整し、レスポンスのシャープなオンセンター感、より速やかな方向転換、路面とドライバー間のダイレクトな一体感を実現しました。McLaren 675LT同様、600LTのステアリングは、シャーシの瞬間的なレスポンスとパワートレインの強烈さにふさわしい即時性を発揮します。

COOKIE に関する警告

このサイトでは Cookie を使用します。 引き続きサイトを閲覧することにより、弊社の Cookie の使用に同意したものとみなされます。  Cookie に関するポリシー