「機能に沿ったフォルム」の究極形

 

 

極めてアグレッシブで、これまでのマクラーレンとはまったく異なるマシン。これが、McLaren Sennaの設計のベースとなったコンセプトです。マクラーレンはこれほどまでに妥協を許さないパフォーマンス目標を現実にすることを目標にマシンを開発した経験がなかったため、このようなコンセプトが選ばれたのです。これまでのマクラーレンのマシンに匹敵する、そして凌駕するマシンを生み出すため、設計とエンジニアチームは、McLaren 675LTそしてMcLaren P1™とはまったく異なるレベルへとMcLaren Sennaを押し上げました。

設計の指針となったのは、ダウンフォースとエアロダイナミクスのバランスをフロントまたはリアにシフトする機能でした。この2つの要素は、ラップ記録を塗り替えるため最適な動的属性、すなわちドライバーの自信を刺激し、さらにラップタイムを縮めるため限界に挑戦させる属性を生み出します。

 

 

「機能に沿ったフォルム」の究極形

 

複雑なエアロダイナミクスパーツ

 

唯一無二のエキゾースト

 

ヘルメット専用ストレージ内蔵

 

周囲環境との一体感

 

ドライバー重視

COOKIE に関する警告

このサイトでは Cookie を使用します。 引き続きサイトを閲覧することにより、弊社の Cookie の使用に同意したものとみなされます。  Cookie に関するポリシー