INSPIRED BY McLAREN’S CAN-AM VICTORIES

McLaren 650S Can-Amは、カンナムにおいてマクラーレンが常勝を誇った当時のレーシングカーのスピリットを、そのデザインに宿した、あらゆる時代を通して最速で、もっともダイナミックなマクラーレンのスパイダー・モデルです。

 

レースファンの間で‘カンナム’というネーミングで親しまれた1960年代半ば1970年代初頭のカナディアン-アメリカン・チャレンジカップはあらゆる時代を通じてもっとも壮観なモータースポーツのひとつに挙げられます

 

FIAの定めるグループ7規定から生まれたカンナムの規則はいたってシンプルでわずかにボディサイズと最低限の安全装備の搭載クローズドホイールや2脚のシートであることが義務付けられているだけでした。車両重量に下限がなくエンジン排気量にも上限がなくエアロダイナミクスを突き詰めることこそ勝利への切符でありエンジニアたちは極限までマシンの開発を続けましたその結果1970年代初頭にはカンナム・シリーズのレーシングカーは重量が800kgにも満たず、最高出力900bhpを超え、今日Formula 1™カーにも匹敵する数値を示すようになっていました

 

マクラーレンは1966年のカナダ・セントジョヴァイトでの第1回のカンナム・シリーズに初めて出場しやがてこのシリーズの王者として君臨するようになりましたマクラーレン創設者のブルース・マクラーレンとワークスドライバーのデニス・ハルムピーター・レブソンが1967年から1971年まで5年連続でドライバーズチャンピオンシップを獲得したのです

 

一方で大変な悲劇もありましたカンナムはマクラーレン創設者のブルース・マクラーレンの命を代償として支払わせました197062グッドウッドにおいてチームのニューマシンとなったM8Dレーシングカーのテスト走行中に亡くなったのです。享年わずか32歳でした。最大の悲劇にも関わらずチームは彼の死を乗り越えて再結束しその年10戦あったカンナム・シリーズで9回も勝利を収めましたさらに、翌1971年にもチームはチャンピオンシップを獲得カンナム43勝という記録を残し5年間にわたる黄金期がクライマックスを迎えました

 

A history of CAN-AM

レーシングカーのエンジン排気量に上限がなく、車両重量にも下限がなく、ひたすらエアロダイナミクスを追求し…カンナム・シリーズはエンジニアの遊び場で、レーシングドライバーにとって究極のチャレンジが可能な場所で、そしてレースファンたちの夢を実現させる世界でした。

COOKIE に関する警告

このサイトでは Cookie を使用します。 引き続きサイトを閲覧することにより、弊社の Cookie の使用に同意したものとみなされます。  Cookie に関するポリシー