カスタマイズのイノベーション

Speedtailには究極のエンジニアリングがあふれています。完成したシンプルなフォルムには、オーナー様が自分の色を加える余白が残されています。これは、オプションを活用して、かつてないほど細部までカスタマイズを楽しんでほしいというデザインチームの願いによるものです。

Speedtailのビスポークオプションは、想像できる限りすべてのカスタマイズの可能性に対応しています。さらに、イノベーションが余すことなく採用されたオプションが充実しています。ファブリックの構造にイメージを的確に取り入れることを可能にする細かな繊維織りテクスチャのカーボンファイバー。インテリアとエクステリア向けの上質な金属のオプション。まるで液体のようにさえ見える極めて繊細な仕上げを可能にする革新的な塗装技術。

文字通り、自分だけのマシンを所有するためのこれほどのオプションを提供するのは、マクラーレンにとっても初めての試みとなります。

Titanium-Deposition.jpg

カスタマイズは、Speedtailのカーボンファイバーのカラーを決めることから始まります。これを実現するには大変な苦労がありました。素材の本来のカラーであるブラックを変更する従来の方法には、構造の完全性とカラーの透明感が損なわれるというデメリットがあったためです。

カスタマイズは、Speedtailのカーボンファイバーのカラーを決めることから始まります。これを実現するには大変な苦労がありました。素材の本来のカラーであるブラックを変更する従来の方法には、構造の完全性とカラーの透明感が損なわれるというデメリットがあったためです。このデメリットを克服する解決策が、極めて薄いチタンの層を活用することでした。カーボンファイバーに直接チタン層を蒸着することで、チタン層をカーボンファイバー構造の一部にしてしまう方法です。この革新的な技術が、カーボン本来の圧倒的強度と軽さを損なうことなく、圧巻の仕上げ、すなわちビスポーク仕様のカラーでアルマイト仕上げが施された光を反射してキラキラと光る美しいカーボンファイバーを実現する可能性をもたらします。

Speedtail-Carbon-Fibre-Weave.jpg

ただし、Speedtailのカーボンファイバーのカスタマイズもイノベーションもこれだけでは終わりません。この至極のマシン向けに、マクラーレンは素材の面で新たな扉を開いてきた独自の専門知識と技術をさらに上のレベルへと押し上げ、従来のカーボンファイバーとは見た目がまったく異なる最新の繊維織りテクスチャと仕上げオプションをご用意しました。さらに、かつてないほど細かいレベルでのカスタマイズに対応いたします。

Speedtailには、1本の糸が3,000本の繊維の束で構成される従来のカーボンファイバーではなく、1本の糸が1,000本の繊維の束で構成される、より細いカーボンファイバーが使用されています。この特別なカーボンファイバーの「デジタル織機」製造工程には、複雑なパターンを実現するため、最先端の技術と伝統的なテキスタイルの技術が取り入れられています。そしてこの複雑なパターンの魅力を引き出すことができる唯一の手法、マクラーレン独自の薄層技術(TPT)による圧延仕上げにより、カーボンの層状の構造が見事に剥き出しにされています。これらの努力が実り、公道においてこれまで見たことがないカーボンファイバーが誕生しました。

Heaven-for-leather.jpg

オリジナリティ溢れる仕上げ。そのこだわりは、Speedtailでのレザーの使い方にも顕著に表れています。まず第一に使用されているレザーは、世界でも最高級のレザーです。傷ひとつない北欧産高級皮革から作られたレザーが厳選して使用されています。マクラーレンのデザインチームは、この高級素材を使用し、素材の持つ最高の品質をさらにワンランク上へと引き上げる革新的なフォルムを生み出しました。

キャビンのフロアには、特殊加工された軽く頑丈なレザーが採用され、シートにはキャビンへのエントリーとグリップ性能の両方をサポートする革新的なテクニカルレザーが使用されています。ダッシュボードには、最高品質のフルアニリン仕上げのレザーとヌバックレザーが採用されています。これらはすべて自動車に使用される素材としては最上級のレザーであり、ドライバーと同乗者を究極のラグジュアリー空間へといざなう重要な役割を担っています。さらにパターンとカラーに関しては、驚くほど充実したカスタマイズオプションをご用意しています。

Speedtail-Paint.jpg

塗装仕上げに関してもSpeedtailは唯一無二のマシンです。驚異的な速度により、見る者を圧倒するフォルムの魅力を引き出すボディラインが引き立ち、エンジニアが思い描いていた空気を切って走る美しいシルエットが姿を現します。そしてそのシルエットは、純粋に加速する力のみをマシンに与えます。

マクラーレンの設計担当スタッフは、Speedtail専用にメトリック塗料も開発しました。この高級感のある仕上げを実現する塗料には、肉眼では認識できない極小の粒子径の顔料が使用されています。液面のように空間の奥行まで見事に反射する塗装面は、光を受けキラキラと輝きます。また、手作業による非の打ちどころのない塗装面とマシンのカラーのカスタマイズの可能性を広げるマクラーレンのほぼ無限のペイントマッチングテクノロジーも見逃せません。

Bespoke-Badge.jpg

マクラーレンのデザインチームは、マシンのフロントやリアバッジなど、ゴールド、シルバー、プラチナ仕上げの様々なアクセサリを作製しました。さらに、ビスポーク仕様のアルマイト仕上げのブライトワークを活用し、インテリアデザインで金属を使用する可能性の限界を押し上げています。 すべての貴金属に、Speedtailのために特別にデザインされた独自の品質証明である唯一無二のロゴがスタンプ加工で入れられています。現時点で最新のマテリアルデザインを採用することで、至極の特別感が生み出されています。それはまさに特別なマシンのみに許されたものです。

COOKIE に関する警告

このサイトでは Cookie を使用します。 引き続きサイトを閲覧することにより、弊社の Cookie の使用に同意したものとみなされます。  Cookie に関するポリシー